ライフハック 書評

【マスタリングTCP/IP】インフラSEのバイブルを読んだ

インフラエンジニアとしてネットワークの構築したい!けど、何から勉強しよう、、

アプリケーションエンジニアに比べて、少し地味めで何をしているかわからないインフラエンジニア。実は、サービスを提供するサーバを構築したり、データ通信の混雑を緩和するためのトラフィック制御をしたりする縁の下の力持ちです。

しかし、プログラムを書きながら勉強するというものでもないです。実践と座学をうまく融合させづらい分野でもあります。

そこで、まず最初に読むべき本が「マスタリングTCP/IP」です。

ベテランのインフラエンジニアでもこれをおすすめするほど古くから愛読されている本です。

読んでみた

難しい内容ではあるものの、ネットワークの仕組みが網羅的に記され、専門性の基盤を作るのには最適な一冊。まず、初学者向けではない?と感じました。専門用語が知ってる前提で書かれているところもあります。もっとわかりやすく紹介しているyoutubeや参考書から入るのはありかなと思います。私は応用情報技術者試験の勉強をしていたのでなんとか読み進められました。

見出しには専門的な用語が書かれており、それを説明していくような構成になっています。これらを自分の言葉で説明できればエンジニアとしてかなり力がつくのではないかと思います。

実際、業務にも良い影響を与えました。最初は何を言ってるかわからないミーティングも、少しずつわかるようになりました。

これからネスペを取りたいと考えてる人にも非常におすすめの一冊です。

-ライフハック, 書評
-

Copyright© SugLog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.