ライフハック 書評

【イシューからはじめよ】解くよりも本質的な問いを探せ

仕事をスマートかつ迅速に捌ける人ってどんな思考を持っているのだろうか?

仕事できる人になりたい、そう思うビジネスマンの多くが読んでる本「イシューからはじめよ」の書評です。

マッキンゼー、慶応大教授、脳科学研究者、多くの肩書きを持ち今やメディアでも活躍されている安宅和人さんの著書です。内容的に少し難しいなと感じました。

読むきっかけ

生産性を高める方法を模索していた修士2年の時、とあるユーチューバーがおすすめしていたのでポチリました。この時期はやりたいこともなく、自分に自信もなく、就活どうしようかと迷走してた時期でした。

感想

本質的な問いを導き、0から1を生み出すプロセスを体系的にまとめた本です。世の中にはざっくりとした問いはたくさんあります。英語をしゃべれるようになりたい、起業家になりたい、会社の売り上げを上げたい。社会人の多くはこの普遍的な目標を持っているはずです。でも、これを達成することは非常に難しい。ほとんどの人が達成できていません。あるいは遠回りしています。なぜか。それは良いイシューではないからです。イシューとは課題定義という意味に近いです(著書の中では)。

多くの悪いイシューは課題がざっくりしすぎて、的が絞れていないです。中心を狙わず放った矢は中心には刺さりません。例えば、「英語が喋れない→英語の勉強量が足りない」という課題は非常に抽象的で、行動計画もざっくりとしたものになります。そのような計画では最短距離で課題解決に至ることはできません。

良いイシューとは照準が合っている状態をいいます。ざっくりとした課題をもっと分解して具体化すると、少ない労力で解ける本質的なイシューを導き出せます。

著書では、本質的なイシューの導き方を体系的にまとめています。また、導いたイシューをどう解き、アウトプットしていくかまで言及しています。非常に人気な本ですので、ぜひ一読しみてください。

-ライフハック, 書評
-

Copyright© SugLog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.