応用情報技術者試験 資格

【応用情報解き方】バックアップ運用に必要な磁気テープの本数問題

応用情報技術者試験の勉強をしていて、つまずいたとこが「バックアップ運用に必要な磁気テープの本数を答える問題」です。

その解き方について、解説だけではわからないと思ったので自分なりの解き方を記述します。

【問】次の処理条件でサーバ上のファイルを磁気テープにバックアップするとき,バックアップの運用に必要な磁気テープは何本か。

〔処理条件〕

  1. 毎月初日(1日)にフルバックアップを取る。フルバックアップは1回につき1本の磁気テープを必要とする。
  2. フルバックアップを取った翌日から次のフルバックアップまでは,毎日,差分バックアップを取る。差分バックアップは,差分バックアップ用として別の磁気テープに追記し,1カ月分が1本に記録できる。
  3. 常に6か月前の同一日までのデータについて,指定日の状態にファイルを復元できることを保証する。ただし,6か月前の同一日が存在しない場合は,当該月の月末以降のデータについて,指定日の状態にファイルを復元できることを保証する (例:10月31日の場合は,4月30日以降のデータについて,指定日の状態にファイルを復元できることを保証する)。

【解き方】例の「10月31日の場合は,4月30日以降のデータについて,指定日の状態にファイルを復元できることを保証する」に注目です。この例から、4月30日の復元に必要な磁気テープ、5月30日の復元に必要な磁気テープ…………、10月30日の復元に必要な磁気テープがわかれば良いんじゃないかと推測できます。

別に30日じゃなきゃいけないわけではなくて、4月Y日の復元に必要な磁気テープ、5月Y日の復元に必要な磁気テープ…………、10月Y日の復元に必要な磁気テープがわかれば良いとも推測できます。

次に、任意の日について復元方法を考えます。X月Y日は、X月1日のフルバックアップを元にX月Y日までの差分バックアップを適応して復元します。ここが非常に重要で、フルバックアップがないと差分バックが適応されないため、セットで考えます。

任意の日の復元に必要な磁気テープ数はわかったので、全体で必要な磁気テープの数を考えます。

2*7で14本の磁気テープが必要だとわかります。

したがって、答えは14です!!

-応用情報技術者試験, 資格

© 2021 SugLog Powered by AFFINGER5