応用情報技術者試験 資格

【応用情報資格】3週間で勉強するスケジュール

企業で基本情報を取ることは必須になっているのですが、スペシャリスト系の取得を考えると応用情報の方が得です。

ということで入社1日目から応用情報の勉強をし始めました。

結果は午前は合格、午後は不合格となりました。

入社して研修と試験勉強を両立出来たつもりでしたが、午後は落ちてしまいました。

具体的に3週間で何をやったかというと以下の通りです。

  1. 午前問題の参考書(キタミ式)
  2. 過去問を5回分
  3. 出来なかったとこを復習

以上です。平日は仕事終わりの4時間。土日は8時間くらいはやりました。

午前問題の参考書(キタミ式)

これはざっと目を通すくらいです。しかも、データベースまでしかやってませんでした。

期間としては1週間です。内容を理解できれば次のページに進み、暗記は意識しませんでした。

過去問を5回分

最初の方は歯が立たず、全滅でした。日本語問題なところもあるので時間をかければ、解けました。

なるべく、自分で考えて解くようにしました。最初の1、2回は1時間くらいオーバーしました。復習も結構、時間がかかりました。

3、4、5回目は解くスピードは上がりました。単語問題などでわからないとこをすぐに飛ばして時間を短縮しました。

できなかったとこを復習

全問題を解き終わったらもう一度解き直しました。わからないところを復習し、間違えやすい単語を暗記しました。

まとめ

テストが迫ってくると焦りを感じましたが、逆に自分を追い込めました。研修の間を見て、1日中、単語暗記をしていました。

IT系の会社だったので研修中に試験範囲と重複するような内容もありましたが、あまり役に立ちませんでした。

結果的には不合格ということで、また秋頑張ろうと思っています。

午後の敗因は「選択問題を絞った」ことでした。ある1問が難しくて、点数が著しく下がってしまいました。

午前は過去問を徹底的にやれば大丈夫なので安心してください。午後は選択肢を限定しないで勉強するべきだと思います。

最後に、応用情報は早めに始めたほうが良いと思います。僕のようなお金の無駄になる行為はしないべきです。

 

-応用情報技術者試験, 資格
-

© 2021 SugLog Powered by AFFINGER5