TOEIC 資格

【TOEIC】働きながら2~3か月で515→690UP!!

8月にTOEICを受け、結果が返ってきました。

結果は690で2年前の院試に比べて175点UPしました。

主にやったことは3つです。

  1. 単語勉強
  2. 文法勉強
  3. 過去問5回分

単語勉強

abceedというアプリをインストールし、アプリ内で「金のフレーズ」と「金の熟語」という単語本を購入しました。

金のフレーズは5週しました。abceedだと、わからないところが自動で未正解カテゴリに分類されるため、2周目以降の復習が非常に楽でした。

金の熟語は友人に勧められ、購入しました。金のフレーズの後に勉強したためか、単語勉強への慣れで、早くマスターできました。

文法勉強

TOEIC受験者の中でも利用者の多い下記の参考書を購入しました。これの良いところは過去問を解きながら勉強できるとこだと思います。

500点台の人にとって最速な勉強法はこれを2周することだと思います。400台だともう少し解くべきかもしれません。

過去問5回分

1冊の過去問集を購入し、2周しました。過去問は何でもよいと思います。

一番大事だったのは「何を解くか」ではなくて「どう復習するか」でした。

例えば、リスニングの復習は能力別で復習の仕方は違います。

僕の場合、苦手なリスニングの復習は結構、妥協しました。

問題文を先に読み、それに対応するキーフレーズの箇所を当てることに集中しました。

ここで重要なのは完璧に理解できなくても単語だけで、キーフレーズを見抜くことです。

一見難しいですが、よく聞いていると、選択肢と同じ単語が登場したりします。ぜひ参考にしてみてください。

リーディングは精読が命だと思います。焦らずゆっくり読むように心掛けていました。これを毎日やってたら突然読めるようになりました。

まとめ

普通のTOEIC学習者と同じことを言ってるように感じますが、

英語に触れる時間を多く作ること」が一番重要ですね。

いくらやる気があっても、模試を解き始めること自体ハードルが高くて大変でした。

僕は英語に対して苦手意識があったので、勉強の流れを作るのに試行錯誤してました。

初めの一歩が重すぎるだけで、機械的に初めのパラグラフさえ読んじゃえばすんなり勉強に入っていけると気づきました。

そっからは、仕事終わりでも1日200問は解ける精神力が付きました。

また、毎日30分以上は英語に触れる機会を作れました。

僕的におすすめな方法は

  • 解く⇒復習⇒また解くというプロセスの中で⇒(学習と学習の間)で長時間休まない

です。ぜひ参考に。

-TOEIC, 資格
-

Copyright© SugLog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.